わんぱくだより
ホーム>わんぱくだより

 テーマについて

 今年度のテーマは「てとて〜人とのつながり・作る楽しさ〜」です。
子ども達にとって一番身近であり、触って感じ・誰かと触れ合う事で安心できる手。何でも作り出せる手。だからこそ、赤ちゃんから年長組までみんなで取り組めると思いテーマにあげました。
 赤ちゃん組では、保育士とのタッチやふれあいあそびを楽しんだり、ぬくもりの感じられる手作りおもちゃを手で触れ、掴んだり握ったりし楽しんでいます。
 少し大きくなると、お友だちと手をつないでお散歩に出かけたり、砂遊び・泥遊びなどでその感触を楽しんでいます。また、大きい子が小さい子にそっと手を差し伸べ手助けする優しい姿も見られますよ。
 大きい組になると、自分でおもちゃを作ったり、折り紙や絵を描いたりするなどし、自分の手から生み出す喜びも感じられるようにしています。
 子ども、お家の方、地域の方、そして私たち保育士もみんなで手を取り合い楽しく笑顔あふれる一年にしていきたいと思っています。
※写真をクリックすると別ウィンドウが開きます。


 あそびについて

 4月に入園した子どもたちも、保育園の生活に慣れ元気な声が毎日聞かれます。先日は、大きい子が小さい子と手をつなぎお散歩に行き、近くの田んぼからオタマジャクシを捕まえてきました。毎日おおきくなったかな?と観察し、「足が生えた!」「手が出てきた!」等と発見と感動を見つけています。また、近所のおじさんに見たことのない大きなオタマジャクシも頂き、どんなカエルになるのか。今か今かと待ち遠しい姿も見られますよ。園庭では、砂遊びや泥んこ遊びに夢中の子どもたち。山や川・島を作ったり、泥団子作りや全身泥んこにダイブするダイナミックな遊びも楽しんでいます。
 広い園庭の一角にある畑にはみんなで野菜も植えました。お花の種も植え生長を見ていきたいと思っています。季節ならではのあそびを楽しみ、感じ、発見や驚き・感動、できたという喜びも感じられる毎日にしていきたいと思っています。
※写真をクリックすると別ウィンドウが開きます。


 食育

 今年度から各保育室で給食を食べ始めました。同じクラスの友だちや異年齢児と一緒に食べたり…と毎日の給食を楽しんで食べている子どもたちです。
 そして今年度は、異年齢時で畑の手入れをしたり、野菜の苗植えもしました。トマトやきゅうり、なす、オクラ、かぼちゃ、おばけかぼちゃ、じゃがいも、さつまいも…と、たくさんの野菜を植え、収穫を楽しみにしています。収穫したら、カレー作り、芋煮会、スイートポテト、自分で包丁で切ったり…と異年齢児でのクッキングも楽しんでいこうと計画をしています。
※写真をクリックすると別ウィンドウが開きます。

園の紹介園の一日行事
園内見取り図園の特色ご意見ご要望
Copyright (C) 2007 東平田保育園. All Rights Reserved.